下北沢 美容室 美容院 【brat ぶらっと】

下北沢 美容室 美容院 【brat ぶらっと】

シャンプーのお話だよい2

約 3 分

 

 

こんにちはriceball 猿田ですsmile

前回に引き続き真面目なお話です。

今回は良いシャンプーの選び方をやらせて頂こうと思います。

もちろん好みは、それぞれあると思うのですが、やはり使用感だけではなく

髪、頭皮に安全で尚且つ修復効果の高い物がベストかと私は思います!

良い界面活性剤

修復能力のある成分

 

まず①の良い界面活性剤なんですが、名前を挙げていきますと

 ココイルグルタミン酸TEA 

ヤシ油由来のアミノ酸系の洗浄剤である。いわゆる界面活性剤。
その特徴は泡立ちは控えめ、とても低刺激でマイルドに汚れを落とす。肌に必要な養分を残しながら洗浄できる。
髪への吸着性があり、洗い上がりはしっとりしあがる。
肌と同じ弱酸性で、安全性も高い洗浄剤。

 ココイルメチルタウリン 

  ヤシ油とタウリン誘導体で構成される界面活性剤。
とても低刺激で、泡立ちも良い。
タウリンはアミノ酸にとても近い成分で、
文献によってはアミノ酸系洗浄剤に分類されている。
洗いあがりはさっぱりタイプでしなやかにふんわり仕上がる。
かなり高価な成分である。

 ココイルアラニン  

ヤシ油由来のアミノ酸系の洗浄剤。界面活性剤である。
その特徴はマイルドでやさしい洗い上がり。それでいて泡立ちもよい。なめらかな洗いあがりで高級な洗浄剤。

ココアンホ酢酸NA

天然成分を原料とした、ベタイン系の洗浄剤。その特徴はマイルドで、コンディチョニング効果もある洗浄剤。洗ったあともごわつかず、しなやかに仕上がる。

この他にも安全で有効的な成分はあります。

上の4つに関しましては安全性も高く、洗浄力もマイルドな物です!

ヤシ油をベースに作った界面活性剤です。

それぞれ微妙な違いがあるのですが、私はココイルグルタミン酸TEAが№1

かと私は思います。こちらは補修能力も強く安全です!硫酸系の真逆ですね!

原材料費がかなり高いため市販などで販売しているシャンプーでココイルグルタミン酸を

使用している物は中々見当たりません。

界面活性剤の質でシャンプーは、ほぼ決まります!

長くなってしまったので続きはまた次回に!!

 

 

 

 

 

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)